Making of blue bird

rebuilding, starting, again.
Hi, folks. Welcome to Bb's blog.
Please don't hesitate to leave your massages.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# I translated tweets @Masasuke_Oonisi



U.S.and Korea combination military exercise, the U.S.was given notice of in China.[Not for China] http://t.asahi.com/rev

However,how do think if someone practice a golf shot in your house? Even a no matter how great golfer will not be forgiven.


What kind of attitude of the U.S. if it made Cuba and China combination minitary exercise in the caribbean Sea?

Even if they said about such an action, "It is not to the U.S. but to a pirate", does pentagon say,"You can do anytime"?


We are adult. We should have an imagination like that, shouldn't we?

@Masasuke_Oonisi




米韓合同軍事演習、米が中国に通告 「中国向けでない」 http://t.asahi.com/rev

しかし家に向けてゴルフショットの練習されたらどう思う?

いくら腕のいいゴルファーでも許されないだろう。

アメリカがカリブ海で、キューバ・中国合同軍事演習されたらどういう態度に出ると思う?
 
いくらそれが「アメリカ向けではない。海賊向けだ」といわれても、ペンタゴンは「はいそうですか、どーぞどーぞ」というだろうか?

いい大人なんだから、そこら辺までイマジネーション働かせないとダメなんじゃない?


@Masasuke_Oonisi

translated by Bb




101127_1511~01.jpg







| comments(0) | trackbacks(0) | 02:53 | category: 翻訳してみた |
# 翻訳してみた



 
In summer green

Blossom Himeyuri flowers

My sad heart

Unknown love



――Ohtomono sakanoueno iratsume

"Manyou-shyu" #8-1500  BC 759







夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の

知らえぬ恋は 苦しきものを


――大伴坂上郎女 
「万葉集」#8-1500  759年





100824_1803~02.jpg





| comments(0) | trackbacks(0) | 03:24 | category: 翻訳してみた |
# 翻訳してみた
100716_1835~01.jpg



Eager to talk with him, I said ,‘Look at the sky. How fast the clouds go…….’


あまりの声のかけたさに
あれ見なさふ

空ゆく雲の速さよ


『閑吟集』
二三五番

(室町時代中期)








| comments(2) | trackbacks(0) | 07:32 | category: 翻訳してみた |
# Investigation Result on the Sinking of ROKS "Cheonan"〜翻訳〜


こんにちは。


韓国とアメリカの大規模な合同軍事演習が行われておりますが・・・・日本も視察で参加・・・・・。


私は何であれ戦争にはどの国の戦争であっても反対です。武器を作らないと食べていけない国もあるけれどごめんなさい。武器製造にも反対です。


100718_1750~02.jpg

この前、土佐高知さんに翻訳させていただいた「韓国海軍哨戒船『天安』沈没調査結果」を載せてみたいと思います。








〜Investigation result on the Sinking of ROKS "Cheonan" 〜 


「韓国海軍硝戒船「天安」沈没の調査結果」

2010年5月20日木曜日

統合共同民間軍調査団

 

□冒頭声明
統合共同民間軍調査団(JIG。訳注:以下、統合共同民間調査団はJIGと表記)は、10の韓国専門家事務所からの25人の専門家、22人の軍事専門家、国会からの推薦された3人の専門家、アメリカ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンの4つのサポートチームを構成する24人の外国人専門家によって調査が行われた。JIGは、科学的調査、爆発物分析、船舶構造操縦、諜報分析の4つのチームで構成されている。
我々の今日の声明で、韓国と外国の専門家達によって成し遂げられた科学的、客観的手法の確認過程の調査の結果を発表する。

□ 海底から引き上げられた船体の変形の調査と分析と、また事件現場から集めた証拠で得た結果は以下の通りである。

自動誘導魚雷の爆発で生じた強い水中の爆発が起こり、ガスタービン室の左側に達し韓国海軍船「天安」はばらばらに裂け沈没したものとJIGは判断する。

□ 沈没が魚雷攻撃で引き起こされたという我々の査定の要点は以下の通りである。

○船体の破損を受けた部分の正確な測定と分析によると、衝撃波と気泡効果が、CVK(センター垂直キール)を本来の形からすると上方に致命的に曲げ、シェルプレートは非常に曲がり船のいくつかの部分はばらばらになった。

主甲板で、ガスタービン室の設備維持のための広い場所の辺りで粉砕が起こり、左舷で致命的な上方への変形が存在する。また、ガスタービン室の隔壁は致命的に損傷を受け変形されている。
 破損点の船尾の底と船首部分は上方へ曲がった。これはまた水中で起こった爆発を証明する。

○船の内側と外側の綿密な調査で、重要な船の横揺れを減らす水平舵安定装置に極端な圧力がかかった証拠を我々は発見した。つまり、船体の底にかかった水圧と気泡効果である。ワイヤーの火による切断の跡はない。これらの点で強い衝撃波と気泡効果によって船の分裂と沈没を引き起こされたということがわかる。

○事件の生存者とベンニョン島の歩哨による陳述も我々は分析した。
 生存者たちの陳述には、1回か2回の同時の爆発音を近くで聞き、衝撃で倒れた左舷の見張りの顔に海水が跳ね返した、とある。そのうえ、ベンニョン島岸の歩哨は2〜3秒間のおよそ100mの「白い閃光の柱」を目撃したことがわかった。前述の現象は衝撃と気泡効果からの破損の結果づけるものと一致する。

○死亡した船員たちの診察調査では爆弾等での破砕や燃えた痕跡はなく、しかし、骨折や裂傷がみられた。これらのことは、爆風と気泡効果がもたらしたことだと一致する。

○韓国地質資源研究所(KIGAM)による地震と超低周波不可聴音の分析結果は次の通りである。

 1.5度の強さの地震波が4箇所の観測所で検波された。
 1.1秒の間隔で2つの超低周波不可聴音が11箇所の観測所で見つかった。
地震と超低周波不可聴音は爆発の同一地点から起こっている。
この現象は水面下の爆発によって生じた衝撃と気泡効果と一致する。

○ 水中爆発の大量のシュミレーションは正味爆発性重量200〜300kg、深さ約6〜9m、ガスタービン室の中心部およそ3m左側で起こったことを示すものである。

○ ベンニョン島の潮流を分析した点においては、潮の流れは魚雷攻撃を防がなかったとJIGは確定した。

○ 魚雷を使用したことを確証する決定的な証拠としては、我々は沈没の現場からプロペラと舵取りの推進力モーターを含む推進力部分を収集した。
その証拠は、輸出目的に北朝鮮によって外国に提供されている紹介された資料の設計書の絵と、サイズも形も一致した。ハングル文字で「1번」(英語でナンバー1)という推進力部分の後方の内側で発見された印、それはあらかじめ入手した北朝鮮の魚雷と一致する。上記の証拠はJIGに、復旧した部分は北朝鮮によってであることを確認することを認めた。
また、前述の結果は沈没の目的のために、座礁、船体の疲弊、爆雷、衝突、内部爆発のどの可能性も事件と関りがなかったと確認した。

□ 結論

○ 韓国と外国の専門家達の見解で、事件の現場から収集した決定的証拠を要約すると以下の通りである。船体の変形、直接的個人の陳述、死亡した船員たちの診察、地震波と超低周波不可聴音の分析、水面下爆発のシミュレーション、ベンニョン島の潮流と魚雷のパーツの採集である。

○ 韓国海軍船「天安」は、水中の魚雷の爆発により衝撃波と気泡効果でばらばらに裂け沈没した。

○ 爆発は深さ約6〜9mのガスタービン室の中央ほぼ3m左側で起こった。

○ 武器システムは北朝鮮によって製造された正味爆発質量約250kgの高性能起爆性魚雷であると確認された。

□ 加えて、5月4日から活動している、アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスを含む5つの国から成る多国籍連合情報部特別調査団(the Multinational Combined Intelligence Task Force)の発見は以下の通りである。

○ 北朝鮮の軍隊はロメオ級(Romeo class)潜水艦(1800トン)をほぼ20隻、サンオ(Sango class)級潜水艦(300トン)をほぼ40隻、ヨノ級(Yeono class)潜水艦(130トン)を含む小型潜水艦をほぼ10隻で形成する約70隻の潜水艦の艦隊を所有している。

  また、直進走行を含むあらゆる出力を持った魚雷、音波(で作動できる)機雷や、正味爆発質量200kgから300kgの自動誘導魚雷、つまり、韓国海軍船「天安」に攻撃し打撃を加えることのできる同等レベルのものを所有する。

○ 前述の発見が事件現場の近接のオペレーションシステムと結合されたものだとすれば、小さな潜水艦が作戦行動に入っているオペレーションシステムの状況で操作された水面下の爆弾システムであることを我々は査定する。我々は数隻の小さな潜水艦とそれを護衛する母艦が攻撃より2〜3日先に黄海の北朝鮮の海軍基地を出航し攻撃後の2〜3日後に港へ戻ったことを確認した。

○ その上、近隣の国々の全ての潜水艦が事件の同時刻に各自の国の基地かまたはその近くにいたことを確認した。

○ 魚雷のパーツは5月15日に爆発の現場で底引網漁船によって復旧された。それは、5x5の刃型逆回転プロペラ(5x5 braded contra-rotating propellers)を含む、推進力モーターと舵取りのセクションであり、北朝鮮が輸出用に外国に提供された前述の小冊子にあるCHT-02D魚雷の概略図と完璧に一致する。推進力の部分の後方の内側で発見された‘1번’(英語でナンバー1)というハングル文字の印は以前入手した北朝鮮の魚雷の印と一致する。ロシアと中国の魚雷は各国の自分の文字で印がされている。
北朝鮮で生産されたCHT-02D魚雷は、音波で作動でき機雷で航跡を追え(音響ウェイク ホーミング)、受動の音波トラッキング(訳注:急に方向転換ができるもの)方法を利用している。直径21インチ、重さ1.7トン、正味爆発質量250kg以上の重量級の魚雷である。

○ 全てのそのような関連性のある分類された分析に基づき、我々は韓国海軍船「天安」は北朝鮮製の魚雷によって引き起こされた外部からの水中爆発の結果、沈没したという明確な結論に達した。証拠は圧倒的に北朝鮮により発射された魚雷だと結論づけることを示している。他にいかなる妥当と思われる説明は他にない。




<訳注>
○The Joint Civilian-Military Investigation Groupは「統合共同民間調査団」としました。
○the Multinational Combined Intelligence Task Forceは「多国籍連合情報部特別調査団」としました。
○国名は簡略化しました。
○Homing torpedoはホーミング魚雷とも云われているようですが自動誘導魚雷としました。
○CVK(Center Vertical Keel)はセンター垂直キールと訳しましたが、船の底の中心にあたる重要な部分のようです。(K氏に聞きました)
○shell plateは、直訳すると貝の皿なのですが、これも船舶用語だと思いますが、どうしても不明でしたのでそのままシェルプレートとしました。
○Yeono 級潜水艦(Yeono class submarines)は読み方がわからなかったのですが、ヨノ級潜水艦としました。
○5x5 braded contra-rotating propellersは、5x5の刃形逆回転プロペラと訳しましたが、5x5とは、5インチ×5インチの面積のものという意味だと思います。

○原文は基本的に
http://news.bbc.co.uk/nol/shared/bsp/hi/pdfs/20_05_10jigreport.pdf
に基づいて翻訳しましたが、数箇所読み取れない部分がありましたので、同文掲載の韓国国防省web上の
http://www.mnd.go.kr/mndEng_2009/WhatsNew/RecentNews/
を参考にしました。

○参考資料
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Republic_of_Korea_Navy_ships
http://en.wikipedia.org/wiki/ROKS_Cheonan_sinking

他、外国のものではBBC、CNN、日本のものでは各ウェブニュース、新聞等を参考としました。










| comments(3) | trackbacks(0) | 02:21 | category: 翻訳してみた |
Categories
Recommend
地球の上に生きる
地球の上に生きる (JUGEMレビュー »)
アリシア・ベイ=ローレル
ふっるーーーーーーーい本なんだけど、手書きの文章と絵がほっとさせてくれます。疲れた時なんかによく読むんです。自然のリズムで生きていきたいな、と再確認させてくれます。
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Twitter
Search this site
Sponsored Links