Making of blue bird

rebuilding, starting, again.
Hi, folks. Welcome to Bb's blog.
Please don't hesitate to leave your massages.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 季節は


そうね

季節はめぐっていく



100909_1654~01.jpg


あなたの言葉に
わたしはどんなに
救われたことだろう





100828_1537~02.jpg


あの日も



100828_1539~01.jpg


今も





100828_2046~01.jpg

一緒に過ごしていく
その時間が
いとおしくて
せつなくて




101201_1549~01.jpg



季節はめぐって・・・・・


暑い夏から時雨の冬へ
二人をつなぐハイウェイの温度計の数字が
教えてくれる




101203_1601~01.jpg



わたしの中のみにくいこころに悩むわたしに
自分がそれに気がつけば違うんじゃない?

あなたの言葉に救われて気づかされて




101208_1437~01.jpg


わたしは生きていけるんじゃないかと思う

あなたのそばで
わたしらしく


生きてゆきたい
生きてゆける



 

 






| comments(0) | trackbacks(0) | 04:04 | category: |
# poem 〜revival〜 「When I am driving over the bridge in the rain」

 When I am driving over the bridge in the rain




Misty in the rain
Pale blue surrounding my car
 Getting dark in the evening

I have always passed this bridge and have thought  all the time

Thousand of the times
 
With  the sad songs and happy songs

I can see the light turn on
  
 The river runs quietly under the bridge



Rain drops on the river and everywhere

Rain falls into my heart and talks to me


Where are you going ?
What are you looking for?

I answer 
 

Just passing over the bridge
Just driving on the road in the rain
You know what it means
You know why I am thinking

Only you know,
Rain


What am I going to and where will go

Over the bridge in the blue rainy evening





Written in November 2000

101103_1435~01.jpg



| comments(0) | trackbacks(0) | 02:51 | category: |
# 「夜明け前」 詩 リバイバル

101022_1549~02.jpg 

夜明け前

 

犬は夕日を見つめて歩く

青年は荒野を歩いて行く

夜明け前が一番つらいんだ  いつでも

止めようと思うんだ 歩くのすら億劫になって

何もかも嫌になってしまうんだ

 

でも今はもう夕暮れだ

今晩寝る場所を探そうか  ねえ  お前

 

犬は首をあげて主人に答える

いえ  ご主人さま  歩きましょう   もう少し

あのナイフのような月の傍らに一番星が見えるまで

まだまだ道は遠いのです

 

青年は頭をうなだれて  故郷を思う

母を

父を

残してきた友人たちを

いったい自分はなぜ旅をしているのか

どこまで続くのか

終わりはあるのか

 

しばらく歩くと

いよいよ輝きはじめた月の傍に優しく微笑む星が現れた

 

青年と犬は荒野に横たわり

深い眠りに落ちた

再び夜明け前に出発するために

 

1998/2/3




| comments(0) | trackbacks(0) | 02:59 | category: |
# 詩   「橋」  

 101025_1658~01.jpg





わたしたちは橋のそばに生まれ育ったね

お互いに



河口のそばに
海のそばに


川の音を聞きながら
南の海へ走って行ったあなたがいた

南の海を夢みながら
河原をさまよって歩くわたしがいた


あなたの橋
わたしの橋





窓辺からいつも暗闇の中に光る橋の灯を見ていた
灯りが川に落とした光の影は
人の落とした涙に見えた



あの頃

爆撃機の音を聞かなければ
あなたに会うことがなかったわ

あなたも

飛行機の音を聞かなければ
わたしに会うこともなかったね




わたしたちには橋を渡って海に出るまで

時間が必要だったのかもしれない




101015_1719~01.jpg



| comments(0) | trackbacks(0) | 02:26 | category: |
# 詩〜「彼ら」


親父に携帯電話で電話してみたら外国人らしき女が出たのですぐに切ってやった
やってられない、あの親父、浮気ばかり繰り返して母親はそれに知らん振り
皆ばらばら
したい放題
家族の振りをしている家族
やってられない
そう思う僕は何もできない
ただ家から出て行きたい、ただそれだけ思う日々



母に今日の晩御飯はまずくて食べられないから食べないって駄々をこねたら母はアパートのドアを開けて出て行った
わたしは泣きながら母の帰りをただ待つしかない
忙しい母に悪いと思いながらも母を困らせたかった
ただそれだけの理由
学校は一日中忙しすぎて友達の一言も心に重くのしかかって、なんだか父に会いたかったけれど、父に会えるのは日曜だけだ
でも父ならわかってくれるかもしれない
わたしの言うことを聞いてくれるかもしれない
仕方ないからユーチューブで遊ぼう
やってらんないもん



母親は飲んだくれでビールばかりを飲んでやがる
俺はそんな母親が大嫌いだ
喧嘩ばかりの毎日で毎日がいやになる
母に学校のお知らせを持って行っても見もしない
だからもう見せるのはやめにした
どこかのベンチや駅に置き忘れたふりをしてやる
ぱーっと騒いで遊ぶんだ
今夜も
どうせ帰ったって飲んだくれて寝ている母しか家にはいない
話す人はいない
やってられっか
こんなとこにいて




闇に光がさしこんでいつか彼らも大人になってゆく




101007_1621~01.jpg


ねえ、君たち

君たちは光で、誰かを光らせることのできる光でもあるのよ


君たちは闇の中にいなくてもいい

君たちは君たちのまま光であればいい













| comments(0) | trackbacks(0) | 01:48 | category: |
Categories
Recommend
地球の上に生きる
地球の上に生きる (JUGEMレビュー »)
アリシア・ベイ=ローレル
ふっるーーーーーーーい本なんだけど、手書きの文章と絵がほっとさせてくれます。疲れた時なんかによく読むんです。自然のリズムで生きていきたいな、と再確認させてくれます。
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Twitter
Search this site
Sponsored Links